「好きで出世したわけじゃないのに…」セクハラ・パワハラの横行する男社会で次長になったら…

文芸・カルチャー

2018/5/8

『駒子さんは出世なんてしたくなかった』(碧野 圭/キノブックス) 「女性の社会進出」が政府から推進される一方で、大きな矛盾点も露になりつつある。つまり、「働く女性像」のほとんどが「男性社会で男性のように働く女性」を前提としていることだ。実際のところ、女性を受け入れる体制が整っていない職場で、男性と火花を散らしながら働... 続きを読む