〆切の後にも、物語がある――奥付に載らない裏方たちの奮闘記

文芸・カルチャー

2018/5/10

『本のエンドロール』(安藤祐介/講談社)  近年、出版業界を舞台にした小説が増えている。その多くは、作家や編集者などの“本の中身”を作る人々を主人公に据え、本が売れない時代に、少しでもいい本を世に送り出そうと奮闘する物語だ。彼らは、“いい本”を作るために苦悩し、ときには〆切を破りながらも、渾身の原稿を完成させる。そし... 続きを読む