トレンドから糞まで…日本の「ヘン」を武田砂鉄が言語化! 忖度社会の危険な「気配」とは?

小説・エッセイ

2018/5/13

『日本の気配』(武田砂鉄/晶文社)  こちらは波風が立たないように平和に暮らそうとしている。シャンシャンと仕事を終わらせて、一杯引っ掛けようかと思っていたところに、細かい指摘をしてくる同僚が現れる。こんなとき、「面倒くせーなあ。そんなのどっちでもいいじゃねえか」と思うことはないだろうか。  ライター・武田砂鉄による著... 続きを読む