ひとり暮らし、もう慣れましたか? ひとり寂しい夜のお供に谷川俊太郎のエッセイを

文芸・カルチャー

2018/5/24

『ひとり暮らし(新潮文庫)』(谷川俊太郎/新潮社)  ひとり暮らしの夜は、ひろい宇宙を孤独に漂っているような気分になるときがあります。  ひとりの夜はすてきです。そして苦しいです。重たくてどっしりと、それでいて、時にそんな時間がとてもいとしく感じます。  この春からひとり暮らしを始めたひとはいますか?  あなたのひと... 続きを読む