来日中の巨匠ベラスケス、絵画誕生の秘密が明かされる!? 『パレス・メイヂ』に続く久世番子の新作舞台はバロック調のスペイン

レビュー

『宮廷画家のうるさい余白』(久世番子/白泉社)は、いま読んでおくべきマンガである。店頭で見かけたらすぐ手にとって、隅々まで味わうことをおすすめする。というのもこの“宮廷画家”が示すのはベラスケス。スペイ…

本文を読む