“文字”にも“紙”にも歴史と未来がある。本作りを支えてきた職人たち

文芸・カルチャー

2018/5/29

『「本をつくる」という仕事』(稲泉連/筑摩書房)  あなたは本を読むとき、その本を作った人たちのことをどれくらい想像しているだろうか? 多くの人は、その本を書いた著者や、表紙のイラストレーターのことくらいしか気にしていないかもしれない。最近は、出版業界を描く作品も増えているため、それに加えて編集者や装丁家、校閲者など... 続きを読む