映画『あん』で多くの人の感動を呼んだドリアン助川。最新刊では、生きることの美しさと厳しさを描き出す!

文芸・カルチャー

2018/6/6

『カラスのジョンソン(ポプラ文庫)』(ドリアン助川/ポプラ社) ジョンソンの記憶の始まりは、千々のきらめきと、葉のこすれる乾いた音だった 『カラスのジョンソン(ポプラ文庫)』(ドリアン助川/ポプラ社)冒頭部の一文だ。この物語は、まるで読み手が作品世界に対して目を開く瞬間を共有するように、カラスのジョンソンが誕生し、そ... 続きを読む