「お父さんが出所しました…」犯罪加害者家族が見つけた“真の家族”とは?

文芸・カルチャー

2018/6/12

『砂の家』(堂場瞬一/KADOKAWA) “本当の家族”とは、一体なんなのだろう。家族間の殺人にスポットを当てた『砂の家』(堂場瞬一/KADOKAWA)は、そんな問いを心に投げかけてくれる本格派ミステリー小説だ。  物語の主人公は大手外食企業「AZフーズ」で働く、浅野健人。健人は20年前、実の父親が母と妹を刺殺して逮... 続きを読む