次のデートで試したい“男主導”のちょっとHなテクニック

暮らし

公開日:2018/6/16

『今夜から! 口説き大王』(櫻井秀勲/きずな出版)

「せっかくあの子との初デートに漕ぎつけたのに、なぜか盛り上がらなかった。その後2回目のデートに誘ったが、まったく返事が来ない」

「合コンで意気投合した女の子。頑張ってお持ち帰りしようとしたけど、最後の最後でするりとかわされてしまった」

 こんな苦い経験、誰にでもあるはずだ。もしかすると、女性の求める“刺激”が足りなかったのかもしれない。特に、“男”を意識させるHな刺激が。

『今夜から! 口説き大王』(櫻井秀勲/きずな出版)には、デートや合コンの前に知っておきたい「彼女にイエスと言わせる心理テクニック」がたっぷり紹介されている。この記事ではその中でも、彼女に男を意識させる“ちょっとHなテクニック”をいくつかピックアップしたい。ぜひ今夜のデートで試してみよう。

■女性の経験値を知るには脇腹を突け

 目の前の女性を“異性”と意識したとき、男は彼女の恋愛遍歴、つまり“経験値”が気になりだす。さらっと過去の遍歴を聞き出せればいいが、暗い話が飛び出して場が重たくなることもある。恋愛トーク以外で経験値を知る方法はないだろうか。

 本書によると、なんと脇腹を軽く突くとおおよそ把握できるそうだ。

 人間は皮ふの薄い場所に敏感だ。経験の少ない女性ほど脇腹に触れると敏感に反応する。しかし経験豊富な女性は、それほど反応しない。ちょっと変わった方法で経験値が知りたいときは、デート中に顔色とタイミングをうかがいながら、手で脇を抱えるように脇腹に触れてみよう。

■デートの達人はプレゼントの渡し方が違う

 好きな女性にアプローチする方法の1つに“プレゼント”がある。しかしただ渡すだけでは距離は縮まらない。劇的な効果を求めるならば、2人で彼女のプレゼントを買いに行って、その場で手渡しすることだ。

 できればそのプレゼントは、ショーケースを見つめる2人の顔が近づくアクセサリーや宝石、もしくは可愛らしいチョコレートが良い。お互いの息づかいが聞こえるほど顔を近づけ合ってプレゼントを選ぶ“時間”こそ、彼女にプレゼントを渡す“意義”になるのだ。

■デートの興奮はキスで冷ます

 デート中に彼女がたくさん話し始めたら、デートの雰囲気に酔って興奮しているサインだ。これは喜ばしいことだが、裏を返せば、たくさん話すことで興奮を冷ましている状態でもある。

 だから興奮が冷めないうちに“口封じ”でキスをしよう。もちろん、きっと彼女は怒る。けれども、その後もデートを続けてくれたらOKのしるしだ。一方、彼女が逃げてしまったら、それはキスに関係なく初めから縁がなかったのかもしれない。

■口説くときは必ず後ろからささやく

 残念なことに男が女性を口説くときは、100%やましいものを抱えている。そのため女性が口説く男の瞳をのぞくと、それに感づいてしまう。

 したがって彼女を口説くときは、後ろからささやいて顔を見せないようにしよう。女性にとって恋愛は夢を見るもの。男の現実を見せないためにも、素敵なイメージのまま口説き落とそう。

■あえて「抱きたい」と口にしてみる

「キミのこと抱きたいな」

 違う世界のイケメンだけが吐くことを許されたようなこのセリフ。しかし目の前の女性を口説きたいときほど、まずはこの言葉を口にしてみるべきだそうだ。

「バカね」

 彼女がそう返したら大成功。

「そんな…ムリだって」

 これも大成功。

「誰かと間違えているんじゃない?」

 これは失敗。

 心の中で「彼女は俺に気があるかな?」とウジウジ考える前に、まずは口に出して彼女の反応を確かめよう。女性は誰でも男に説得されたがっている。その気にさせてくれたら抱かれてもいいと思っている。ウソでもいいから自信を持って女性と接したい。

 このように本書は“今夜から使えるデートテクニック”を130も紹介している。なかなかデートが成功しなくて悩んでいる方は解決のヒントになるはずだ。また、男性の手の内や心の内を知るという意味で、女性が読んでもいいだろう。気になる男性からアプローチを受けるためにはどうすればいいか、それを考えるヒントになる。

 もし今夜、デートの約束がある男性がいるならば、それはきっと素晴らしいものになるはずだ。その根拠はなくても、そう信じるだけで成功への道が開ける。彼女は必ずあなたを待っている。今夜も素敵な時間を過ごしてほしい。

文=いのうえゆきひろ

この記事で紹介した書籍ほか

今夜から! 口説き大王―彼女にイエスと言わせる心理テクニック

著:
出版社:
きずな出版
発売日:
ISBN:
9784907072780