後輩を注意すればパワハラ扱いされる社会―「被害者ぶる」人はなぜ増えている?

暮らし

2018/6/26

『被害者のふりをせずにはいられない人』(片田珠美/青春出版社)  たとえば、飲食店に入ったとき、自分より遅れて注文した客の料理が先に運ばれてきたとする。ここで、イライラするのは自然な感情だ。しかし、店員に怒鳴り散らし、いくら謝っても許そうとはしない人もいる。そんなとき、彼ら(彼女ら)は自分が「被害を受けたから謝っても... 続きを読む