ジャパネット髙田明feat.世阿弥。意外な組み合わせが光る600年の時を超えたエール

暮らし

2018/6/26

『髙田明と読む世阿弥』(髙田明:著、増田正造:監修/日経BP社)  世阿弥(ぜあみ)は室町時代初期の猿楽師だ。現代に伝わる能の基本を作った能役者であり、能作者だ。その著書『風姿花伝』や『花鏡』は跡を継ぐ者に向けて書かれた芸術論だが、その領域だけに留まらず、現代の私たちの日常にも役立つ哲学の書と言える。「初心忘るべから... 続きを読む