新米パパ・りゅうちぇるさんも「キュルルンかわいい♡」とひとめぼれ! 赤ちゃん雑誌の表紙モデルはどう選ばれる?

出産・子育て

2018/7/3


■そもそも表紙の赤ちゃんモデルはどう決まる?

 書店やコンビニにズラリ並ぶ雑誌群。表紙は人気アイドル、女優、モデルが多いけれど、赤ちゃん雑誌はいわゆる「読モ=読者モデル」から選ばれています。コマーシャルやドラマに出演しているタレント事務所所属のプロ赤ちゃんと、“赤ちゃん読モ”はどう違うのでしょうか?

■「うちの子を表紙にしたい」と思ったら……


 赤ちゃん雑誌の読モへの道は、編集部に写真&プロフィールを送ることから始まります。エントリー後、書類選考があり、表紙の場合はカメラテストも。

(1)赤ちゃん雑誌に読者モデル登録する 
(2)書類選考を経て第一次審査<カメラテスト>
(3)<本撮影>でベストショットが撮れた赤ちゃんに決定

■平日にもかかわらず、パパの参加率は4割超


 カメラテストにはパパの付き添いも目立ちます。「会議、ちょっと抜けてきました」「半休とりました」など、17組のうち7組はパパが同行。スタンバイ中のおむつがえでも、スーツ姿のパパたちが大活躍! カメラマンの横でわが子をあやす様子は真剣そのものです。

■“寝待ち”もあり! 撮影は赤ちゃんファーストで


 赤ちゃんが主役の撮影はおっぱい&ミルクなど、赤ちゃん自身のタイミングが最優先。カメラの前で泣いてしまったら、ママに抱っこひもで寝かしつけてもらい、“寝待ち”することも。グズグズっ子はスタジオ周辺をベビーカーで散歩して、リフレッシュしてから撮影を再開します。

■どの子が表紙になるか、校了までわからない


 日によってコンディションが変わる赤ちゃん。だから本番撮影はいわゆる“ダブルキャスト”で複数の赤ちゃんがスタジオ入りします。膨大な撮影カットの中から、2~3パターン入稿し、校了までに黄金の1枚(=1人)を絞り込みます。どの子が表紙になるか決まるまで、編集部もドキドキがとまりません。

■りゅうちぇるパパも審査員! 「キュルルンかわいい♡」


 今回のオーディションは新米パパのりゅうちぇるさんも、ゲストとして審査に参加。
「大人になって見たときにうれしくなっちゃうようないい写真。とってもキュルルンかわいい♡」とお気に入りショットを選んでくれました。

■「自撮りもするけどプロに撮ってもらいたい」 。赤ちゃん読モ熱が止まらない!


 インスタグラムでも「#親バカ部」「#親バカ」というハッシュタグが目立ちますが、かわいい赤ちゃん時代は一度きり。一瞬のかわいさを残してあげたい、大きくなったら見せてあげたいと”赤ちゃん読モ”を希望するママ、パパは増えつづけています。「成長の記念になる」「スタジオで過ごした時間が思い出」と、モデル体験を楽しんでいるようです。

 赤ちゃん読モたちのかわいい笑顔がいっぱい。「表紙の赤ちゃんモデルの舞台裏」はベビモ夏秋号に掲載中。次号の表紙モデルオーディションも始まっています。一生の思い出になるチャンス! ぜひ応募してみては?


ベビモ夏秋号は離乳食特大号!
特別付録「ミッフィー保冷トート」が1冊に1個付いてきます。