八百万の神様たちが私のワンルームにやってきた。ドタバタあったかな生活が始まる

ライトノベル

2012/3/14

霊感や信仰心がないフツーの女子大学生・主人公の高原澄香(たかはら・すみか)は、大好きだった祖母の葬儀が終わった夜、和服姿で若年寄風な「家神(いえがみ)」と出会う。祖母が亡くなったことで、実家の改築をすることになり、祠が取り壊される。住み家を求めて、家神をはじめ便所の神やかまどの神など実家に住んでいた「八百万(やおよろ... 続きを読む