10代にも中年にも染みる、祈りの物語! 宮部みゆき、傑作現代ファンタジー『過ぎ去りし王国の城』

文芸・カルチャー

2018/7/7

『過ぎ去りし王国の城』(宮部みゆき/KADOKAWA)  この本を読んでいて、中学3年の春休みのことを久しぶりに思い出した。無事受験を終えた解放感と、春からスタートする高校生活への不安。中学生でも高校生でもない、気楽なようでちょっと心細いマージナルな人生の一季節を、6月15日に文庫版が発売された宮部みゆきの傑作ファン... 続きを読む