7月31日に火星が地球に大接近! 夏休みは天体ショーを楽しもう!

出産・子育て

2018/7/28

写真提供:国立天文台  国立天文台によると、今年2018年7月31日の21時頃、火星が地球に大接近するという。南東の低い空に赤く明るい星が肉眼でも見ることができるそうだ。さらに、望遠鏡などで見ると徐々に見かけの大きさが変化する様子が観察できる。このときの火星と地球の間の距離は5,759万キロメートル(地球の中心から火... 続きを読む