ダ・ヴィンチニュース本好きライターが選ぶ!大人女子の心に沁みる恋愛小説

文芸・カルチャー

2018/8/10

 酷暑日続きの中、休みの日は外に出るより家で過ごしたい、と考える人も増えています。でもせっかくなら、ただだらだら過ごすのではなく、ちょっとでも有意義に過ごしたい。この夏、そんな人にぴったりのフェアが行われます。8月10日(金)10時から8月24日(金)9時59分まで、集英社夏の文庫フェア「ナツイチ」と電子書籍の楽天Koboがコラボフェアを開催。クーポン利用で40%オフになるおトクなフェアです。

 電子書籍なら、外に出ることなくいつでもどこでも端末1つで好きな作品を読むことができ、外出して熱中症になる心配もありません。本稿では、そんなコラボフェア対象商品の中から、本好きライターである筆者オススメの大人女子向け恋愛小説を5冊ご紹介します!

「恋愛小説」と一言で言っても、本稿で選んだのは、普通とは少し違う形の愛を描いたもの。もし自分が主人公たちの立場だったら…と、思いを馳せながら読んでみてください。


 恋愛にのめり込むことができない早坂萌と、恋愛にしか興味のない室野るり子。幼馴染であり対照的な性格を持つ30代女性2人が、女の幸せを模索していくストーリーです。「仕事」と「恋愛」という、両立の難しいテーマ。歳が近いこともあり、改めて自分の幸せについて考えずにはいられません! 結局は人それぞれだと思いながらも、もし自分が今〇〇の状況に置かれたらどう動くかな、と想像しちゃいました。


 バスの転落事故で愛する家族を失った人々に、ある日突然、来るはずのないあの世からのメッセージが送られた。メッセージによって集められた人々は、そこで奇跡に出会う――という物語。事故で突然引き離された人々の「せめて別れの言葉を」という思い、そしてそこから始まる奇跡が、心に刺さります! 亡くした人に伝えたい思い、後悔を持つ人なら一度は考えるテーマです。


 歳も階級も違う2人が愛し合い、駆け落ちした「白蓮事件」。全てを捨て、真に愛を貫くその思いの強さが、膨大な恋文という史料を元に描かれています。身分差というものが今よりずっと重かった、時代が招いた悲劇。駆け落ちは決して褒められた選択ではないですが、愛することを認めてもらえない状況は、本当に辛いもの。そんな中で押し切った思いの強さには敬服せざるをえません


 両想いになり、キラキラ輝く晴人と美咲に突如落とされた影。なんと美咲が、人の何十倍もの早さで年老いる難病に侵されてしまいます…。そんな中、苦しみながらも一瞬一瞬を大切に生きていく2人。時間は平等にある、とよく言うけれど、2人にはそれすらありません。通常では考えられない速度で老いていく相手を、自分と違って老いない相手を見ながら思ったことは、きっと書かれている範囲では収まらないはず。泣かずに読めるわけがない1冊です。


 幼馴染2人が交わした「どんな秘密もつくらない。お互い大好きだけど、恋愛も結婚もしない」という約束。2人は大切にこれを守りながら成長し――という、ちょっと変わった純愛物語。恋人になることのない、それでいて途切れることのないこの結びつきは、誠実さがなければ一瞬で崩壊するもの。でももしお互いそれを守ることができたら、そんな強い支えはないと思います。私もそういう相手がほしい…!

 以上の5作品以外にも、たくさんの対象商品があります。遠ざかっていると面倒になりがちな恋愛ですが、強く思える相手がいるというのはやっぱり素敵なこと。たまには恋愛小説を読んで、恋愛のスイッチを刺激しませんか?

文=月乃雫

【フェアページはこちら】