高い、長い、すぐ飽きる…はもう古い! 初心者こそ知ってほしい、イマドキの「クルーズ」事情

暮らし

2018/8/11

『初めてのクルーズGuide 日本から行く絶景&世界遺産』(KADOKAWA)

 豪華客船で行くクルーズ旅行が、2017年に日本人乗客数が27%増の31.5万人と過去最高(国土交通省調べ)を記録し、今や「旅を楽しむ目的」として多くの支持を集めるように。そんな中、2018年8月8日(水)に『初めてのクルーズGuide 日本から行く絶景&世界遺産』(KADOKAWA)が発売され話題になっている。

 本書は、日本から行く絶景&世界遺産をテーマに、初めてのクルーズ旅行を優しくナビゲートするもの。クルーズといえば、高額な旅行や世界一周、一生に一度の夢といった豪華な旅行というイメージから、自分とは無縁だと思い込んでいる人も多いはず。だが、イマドキのクルーズはまったく違うという。

●実はお得!? 日本発着外国船なら、1泊あたり1万円台~も

 クルーズ料金は「移動費+宿泊費+食事+娯楽費」がすべてセットになっている。それでいて、1泊あたり1万円台からの船旅を企画しているクルーズ会社も多数。子供は無料の場合もあるので、一般的な旅行よりもお得になる場合も珍しくない。

●長期休暇をとらなくてもOK? 4泊5日で外国に行けるツアー

 1か月などの長期休暇をとらなくても、4泊5日で日本+外国を満喫できるツアーが多く企画されている。短い日程であれば、手ごろな料金でクルーズ体験が可能なので、初めての船旅でも気軽に参加できる。

●退屈させない娯楽が満載! 船内はエンタメ施設が充実

 クルーズ中は、いくつかの港に寄る場合がほとんど。目覚めると違う港に着いているので、現地で観光やグルメを楽しむこともできるし、大型船の船内にはアクティビティ施設が多数。ショーやイベントも盛りだくさんで、1日があっという間に過ぎ去ってしまうほど。

初心者のクルーズ旅行の選び方の他、豪華クルーズ旅行のプランを多数紹介

 他にも、金曜出発&月曜戻りで楽しめるクルーズに、注目の外国船における注意点、初めてのクルーズ体験ルポなど、今まで無縁だと思っていた豪華客船クルーズを優しくナビゲート。

イラストレーターの川上真理子さんが日本船「ぱしふぃっく びいなす」でクルーズデビューし、イラストルポを展開している

 親子で初めてのクルーズ旅を体験した高橋淳さんは、「飛行機は目的地に行くための移動の手段ですが、クルーズは乗った瞬間から、食事や散歩、バカンスが楽しめるのが魅力ですね。特に娘は、まだ長時間じっとしていることができないので、自由に遊びながら、目的地まで連れて行ってくれるクルージングがぴったりですね!」と、家族全員、満面の笑顔で語ってくれた。

「コスタ ネオロマンチカ」で親子3人が、初めてのクルーズ体験をした高橋淳さん

 この一冊で、自分の好みに合うクルーズプランを見つけて、初めてのクルーズを体験してみてはどうだろう。