いつか孤独を愉しめる自分に! 明るい月あかりの下、寂聴さんと語らう寂庵の夜

小説・エッセイ

2012/3/22

孤独を生きる、ではない。この本のタイトルは孤独を「生ききる」だ。 不倫など濃厚な恋愛経験を経て出家した女流作家・瀬戸内寂聴は、どんな言葉でその境地へ導いてくれるのだろうか。 まずは、身近な孤独について。 飲み会に呼んでもらえなかったとか、困ってる時に誰も助けてくれなかったとか、メールの返信が遅いとかとか、etc…。日... 続きを読む