焼き立てのパンをその場で食べてほしいから。「uneclef(ユヌクレ)」のイートインへのこだわり

食・料理

2018/9/14


 待望のレシピ本『uneclefのパン』(KADOKAWA)が発売されたばかりのユヌクレ。お店には10席ほどのイートインスペースがあり、買ったばかりのパンやサンドイッチをドリンクメニューとともに店内でいただくことができます。とてもデリケートなデニッシュ、クリームやフィリングをたっぷり使ったパンは、その場で食べる美味しさにはかないません。


 これは、遠方から来てくださったお客さんにも、できたての味を楽しんでほしいという想いから。この店をオープンする前、店主の伊藤さんがあちこちのパン屋を食べ歩いていたころ、買ったパンをすぐに食べられる店が少なくて残念に感じたことが多かったからなのだそうです。


 青い空のような壁がある、シンプルだけど居心地のいいインテリア、心地よい音楽、何軒もの焙煎所の豆を飲み比べて選んだコーヒー豆と、窓から見える小さな庭。パンとともにこれらがすべてが一つになって、ユヌクレという空間を作り上げているのです。