「家族の絆」を押し付けないで。毒親から逃げ延びた元・子どもたちの体験談

出産・子育て

2018/9/10

『毒親サバイバル』(菊池真理子/KADOKAWA) 「わが子を大切に思わない親はいない」「家族は必ずわかりあえる」一見すると正しいように思えるこれらの言葉は、果たして本当にすべての家族に当てはまるのだろうか? 当てはめてしまっていいのだろうか? 『毒親サバイバル』(KADOKAWA)は実の親に苦しめられ、それでもどう... 続きを読む