『数字が明かす小説の秘密』――副詞を多用する小説は駄作? 名作と副詞使用率の相関関係は…

文芸・カルチャー

2018/9/10

『数字が明かす小説の秘密 スティーヴン・キング、J・K・ローリングからナボコフまで』(ベン・ブラット:著、坪野圭介:翻訳/DU BOOKS)  小説において、名作と駄作の違いはどこにあるのだろうか。読者それぞれに独自の価値観や好みがあり、面白い・面白くないと感じるポイントはさまざまのはず。それなのに、名作は多くの人を... 続きを読む