事件なんて起こらない、そんな世界があってもいいじゃないですか

ライトノベル

2012/3/26

何だか忘れていた童心が思いがけず蘇ってしまうかもしれない、そんな作品です。とりあえずタイトル通りの内容を想像したら見事に裏切られました(笑)。 この著書は早い話が「未知の生物の観察日記」なんですよね。 僕なんかは幼少時によく昆虫をじっと見ているのが好きなタイプだったんで、かなり主人公の女の子の好奇心に寄り添えたかなっ... 続きを読む