目指せ! ケンシロウボディ 自宅でできるRIZAPのトレーニング&ダイエット

健康・美容

公開日:2018/9/30

RIZAP×北斗の拳 史上最強の肉体改造術

監修:
出版社:
日本文芸社
発売日:
『RIZAP × 北斗の拳 史上最強の肉体改造術』(RIZAP株式会社:監修/日本文芸社)

「結果にコミットする」というキャッチフレーズと、有名タレントの「Before」「After」を強調したテレビCMなどで有名な「RIZAP(ライザップ)」。低糖質食とトレーニングによるダイエットというイメージが強いかもしれないが、きっちりと鍛え上げられた体を作るためのボディメイクメソッドを確立しているトレーニングジムでもある。

 本来なら全国各地にあるRIZAPに行かなければ知ることができないこのメソッドを、入会金や料金なしで知ることができるのが『RIZAP × 北斗の拳 史上最強の肉体改造術』(RIZAP株式会社:監修/日本文芸社)だ。

 漫画『北斗の拳』の主人公「ケンシロウ」やその兄「ラオウ」。全身の筋肉が大きく発達した彼らのような体になるための方法を、食事とトレーニング、その両面から詳しく解説してくれる。この夏、ビーチやアウトドアで自分の体を変えなければ! と思った方のために、ここではその一部を紹介していこう。

■ポイントは、低糖質食と正しいトレーニング

 本書が展開するRIZAP式肉体改造術は、「目指せ! ケンシロウボディ」というシェイプアップ編と、「目指せ! ラオウボディ」というバルクアップ編のふたつに分かれている。バルクアップというのは「筋肉を発達させて体を大きくしていく」ことなので、肉体改造はシェイプアップ、バルクアップという順番で進めていくことになる。

「目指せ! ケンシロウボディ(シェイプアップ編)」の第一歩は、目標設定。やせたいと漠然と考えるのではなく、「○○のためにやせたい」「○○さんのような体になりたい」など、具体的な目標を持つことが大切だという。セカンドステップは、目標の数値化。たとえば「ハロウィンまでに3kgやせる」など、具体的な数字で目標を設定する。そしてサードステップが「正しい食事とトレーニング」を学び、実践していく段階。ここが本書のキモだ。

 理想の体型を手に入れるには、「運動」と「食事」、その両方が大事だと考えるのがRIZAP式肉体改造術のポイントだ。低糖質の食事を続ければ体脂肪を減らすことができるが、同時に筋肉も減少し、代謝も落ちてしまうからだ。

 大切なのは、低糖質・高タンパクの食事を摂りながら、筋力トレーニングを行うこと。そうすることで減量と筋合成を促進することができる。

 低糖質の食事のポイントとして挙げられているのは、次の5つ。

1.糖質の多い主食を控える
2.タンパク質メインの食事
3.野菜の摂取を積極的に
4.水分補給はしっかり
5.夜9時以降の食事は×

 ほかにも「食事と生活習慣の3つのルール」「低糖質食を極める7つのポイント」など、食にかかわるポイントを教えてくれるので、ぜひ参考にしてもらいたい。「1日3食+間食で空腹感をなくす」など、意外なポイントもあるので、おおいに役に立つはずだ。

「目指せ! ケンシロウボディ(シェイプアップ編)」のトレーニングは、胸、背中、脚、腹などの部位別に、全15種目が取り上げられている。その多くは自分の体重を利用した自重系トレーニングで、物を使う場合もペットボトルや椅子なので、自宅で気軽に取り組むことができそうだ。

 そんな気軽さの反面、正しいフォームで行えば、目的とする筋肉にしっかりと負荷をかけることができる。

 実際に筆者も行ってみたが、各種目についている3段階の強度メーターのうち、もっとも負荷の少ない段階であっても、充分な負荷が目的の筋肉にかかっていることを実感できた。また、種目ごとについている「RIZAPポイント」というアドバイスもうれしいもの。たとえばプッシュアップの場合、「額を下ろす位置」や「視線はやや前方下」などの的確なアドバイスがあるので、正確なフォームを意識しできるだろう。

 低糖質・高タンパク食と正しいトレーニング。このふたつを実践していくことができれば、シェイプアップ編でも無駄な脂肪がなく、形のよい筋肉がついたマッシブな体が実現する。ボディメイクは短時間ではできないが、行えば行ったぶん確実に答えが返ってくるもの。本書を参考にトレーニングを継続してもらいたい。

「目指せ! ラオウボディ(バルクアップ編)」では、筋肉をつけて体を大きくするため、食事法も変わり、トレーニングの内容もダンベルやバーベル、マシンなどを使う本格的なものに変化する。食事では何がポイントなのか? どんなトレーニングが有効なのか? は、本書を手に取り、その内容を確認してもらいたい。

 テレビや雑誌などで低糖質食ダイエットという言葉が多く聞かれるいま、漠然とダイエットには低糖質食が効果的だと思っている方は多いと思う。しかし、ただ単にやせるのではなく、筋肉をつけてたくましい体を手に入れるとともに、基礎代謝を上げて太りにくい体も手に入れるには、正しい食事と正しいトレーニングが重要になる。秋から冬の太りやすい時期にやせて、たくましい体を手に入れたいと考える方は必読だ。

文=井上淳

©武論尊・原哲夫/NSP 1983

この記事で紹介した書籍ほか

RIZAP×北斗の拳 史上最強の肉体改造術

監修:
出版社:
日本文芸社
発売日:
ISBN:
9784537216097