海外が「児童虐待」と呼ぶ高校野球の闇―「玉砕球児」や「早熟の才能」はどうすれば防げるか

社会

2018/9/27

『甲子園という病』(氏原英明/新潮社) 「腕が壊れても最後までマウンドにいたかった。今日が人生最後の日になってもいいと思いました。」  現・西武ライオンズの投手、菊池雄星(当時は花巻東)は高校3年生のとき、背中の痛みに耐えながら甲子園のマウンドに立った。試合後、菊池の言葉は感動的に報道され、高校野球ファンから大きな反... 続きを読む