いまだ熱が冷めない「キミスイ」ブーム、そのワケは?

文芸・カルチャー

2018/9/30

 ここ数年、ネットから生まれた小説として最も知られているといっても過言ではない作品。それが通称「キミスイ」、住野よるさんの『君の膵臓をたべたい』(双葉社)だ。 『君の膵臓をたべたい』(住野よる/双葉社)  本作は住野さんのデビュー作。学生時代から小説家を目指していた住野さんは、あるとき、小説投稿サイト「小説家になろう... 続きを読む