高橋一生、民放GP帯ドラマ初主演!“フシギでちょっとユニーク”な大学講師があなたの価値観を刺激する?

エンタメ

2018/10/3


 高橋一生さんが主演を務めるドラマ「僕らは奇跡でできている」(カンテレ・フジテレビ系)が10月9日(火)にスタート。1日に都内で制作発表が行われ、主演の高橋さんのほか、榮倉奈々さん、要潤さん、児嶋一哉さん、西畑大吾さん(関西ジャニーズJr.)、戸田恵子さん、小林薫さんらキャストが登壇。本作のオリジナル脚本を手掛ける橋部敦子さんも駆けつけ、ドラマ同様に穏やかな雰囲気が漂う会見となりました。

 略称“僕キセ”は大学で動物行動学を教える一輝が主人公。常識や固定観念に捕らわれない一輝の言動に、歯科医師・育実(榮倉)や学生たち周囲の人々は戸惑いながらも、自分自身が縛られていた考え方や価値観にいつしか気付いていく…という物語。

 豊福陽子プロデューサーが「ハートフルでもあって、ヒューマンでもあって、コミカルでもあって…でも、それだけじゃない何かがある。不思議な魅力が満載のドラマ」と紹介すると、橋部さんは「見る方によってそれぞれ受け取っていただくものが違うドラマ。もしかして、見終わった後「う~ん…?」という感じだったとしても、後からジワジワと何かを感じていただけるんじゃないかなと思っています」とコメント。

 演じる高橋さんも「分類分けがしにくいことは見ていただければ分かると思いますが、それだけたくさんの楽しみ方ができる。見終わった後、豊かな気持ちになっていただけるドラマを作っていると思います」と話すように、この作品は見る者の立場や環境、気分によっても“刺さる”部分が異なってくる予感。一輝が何気なく放つ言葉の中に、自分にとっての気づきがあるかもしれません。


 会見では、タイトルにちなんだお題「自分は〇〇でできている」への回答も発表。専門的な用語も多く、一輝の言葉と向き合うことに励んでいる高橋さんの答えは「台本」。できるなら12時間でも寝たいと笑う榮倉さんは「睡眠」、陸上部だった子どものころから「用意、スタート!」の合図で全速力する感覚を今も大事にしているという要さんは「走」、児嶋さんは、お約束のツッコミ「児嶋だよ!」を披露し、会場は笑いに包まれました。

 続いて、このドラマのために地元・大阪を離れて一人暮らしを始めた西畑さんは「実家」の素晴らしさを力説。戸田さんは「舞台の観劇、コンサート、お笑いライブ、落語など、生のステージを観賞すること」で元気づけられていると打ち明け、最後に小林さんが「イカ、タコ」と意外な答えを。自身で調理してストックしておくほど好きだという酒のつまみへのこだわりを笑顔で語ってくれました。


 会見後には高橋さんが単独囲み取材に対応。生き物のことになると時間を忘れてしまう一輝のように、没頭する瞬間があるかどうかを尋ねると「家でトレーニングしている時ですね。競輪の選手の方が使うようなタイプの3本ローラーで自転車をこいで…見事に落車したりしています(笑)。“今日は40分まで”と思っていても気分が乗って来ちゃうと1時間半とかいっちゃって。“あともう少し”“もう少し”っていって2時間とか…早く寝ろ!って(笑)」と、自分にツッコミを。

 ファンが待ちに待った待望の高橋さん主演ドラマ“僕キセ”。毎週火曜の夜は、このドラマから癒やしと気づきをもらえるはず。また、ドラマスタートに合わせて、当サイトにてドラマの裏側やエピソードを紹介する連載も決定しました。どうぞご期待ください!


ドラマ「僕らは奇跡でできている」
カンテレ・フジテレビ系 全国ネット
10月9日(火)スタート 毎週(火)夜9時~9時54分
(初回20分拡大 夜9時~10時14分放送)