ノラネコぐんだん、恐怖のおばけのやまへ! 秋の夜長のホラーアドベンチャー『ノラネコぐんだん おばけのやま』

文芸・カルチャー

2018/10/4

『ノラネコぐんだん おばけのやま』
(工藤ノリコ/白泉社)

 すてきでトボけた8匹の黄色いワル――ノラネコぐんだんが帰ってきた。ワンワンちゃんのパン工場を、お寿司屋さんを、アイスクリームパーラーを襲い、汽車ポッポや飛行機を強奪し、ついには「海の果ての怪物」と戦い海で大暴れしたノラネコぐんだん。

 さわやかな秋空の下、ヤツらが窓から覗いているのは……?

ニャー、おだんご おいしそう
ニャー、おだんご たべたいね

 そう、ワンワンちゃんのおだんご屋さんだ! だが、シリーズ100万部突破の最新作のタイトルは「おだんご屋」ではない。『ノラネコぐんだん おばけのやま』(工藤ノリコ/白泉社)なのだ。いったい、ノラネコぐんだんに何が起こったのか?

 例によって、ワンワンちゃんのおだんご屋さんに忍び込み、勝手に材料を使って大量のおだんごを作ったまでは良かった……だが!

ドカン ドカン バリバリバリッ
わあ――っ
おだんご ぜんぶ かぜに まかれていっちゃった!

 強奪されたおだんごを追いかけて8匹が向かった先は、うっそうとした樹が生い茂る森。なにか恐ろしい予感にドキドキしながら森を進むと、おだんごを食べる何者かの気配。そして……出たぁ! ノラネコぐんだんシリーズ初の「おばけ」が登場! まさかのホラー展開だけにとどまらず、もっと恐ろしい“怪物”まで現れて、さすがのノラネコぐんだんも「ニャー ニャー たすけて」と阿鼻叫喚の大パニック!

 はたしてノラネコぐんだんは、おばけのやまから生きて帰れるのか。恐怖の一夜のてんまつを、ぜひ本書をめくり、その目でたしかめてください。

 また、おばけのやまへ向かい、森を抜ける場面では、森全体が迷路になっていて、読むだけではなくお子さんと一緒に遊べちゃいます。

 前作『ノラネコぐんだんと海の果ての怪物』が長編読み物になっていたり、本作では迷路が入っていたりと、本を好きになる様々な工夫も、ノラネコぐんだんシリーズの魅力ですね。

 そして、11月7日発売予定の『kodomoe2018年12月号』には、ノラネコぐんだんごちそうトートBAGや壁掛けカレンダー2019などの付録がついてくるので、こちらも要チェックです。

 ノラネコぐんだんの次なる大冒険を期待しつつ――ニャー、おだんごたべたいね!

文=水陶マコト

新刊『ノラネコぐんだん はらぺこレシピ 抜き型つき』つくってみたレビューはこちら
祝! ノラネコぐんだん100万部突破! ありがとうキャンペーン詳細はこちら