手術なし、薬なし、筋トレなし! 一生自力でラクに歩ける秘密は足指にあった!?

健康・美容

2018/10/15

『足腰が20歳若返る 足指のばし』(今井一彰/かんき出版)

 若い頃には感じなかった慢性的な体のコリや痛み。もし、あの頃の体に戻れたら? 体は驚くほど軽くなり、あらゆる痛みから解放されるはず… 実は、体のある箇所のゆがみを直したら、カンタンに元の状態を取り戻すことができるといいます。その箇所とは、なんと「足指」!

 2018年10月15日、『足腰が20歳若返る 足指のばし』(かんき出版)が発売されます。「足指を伸ばす。これだけで、あなたの足腰は20歳若返ります」と、著者であり現在までに1万人超の「足と足指」を診察してきた内科医の今井一彰さんは語ります。「オリジナルの『ゆびのば体操』で体が変わらなかった方は1人もいなかった」というのですから驚きです。

 今井さんは全身の痛みや不調は足指が原因であることを発見し、足元からの健康づくり「足育」を提唱。「薬に頼らず、一生歩ける足づくり」をモットーに活動しています。

 足裏ではなく、足指にフォーカスするとはなんとも斬新な健康法。なぜ、足指を伸ばすと体が元気になるのでしょうか? 秘密は、体が立つメカニズムにあるといいます。人間はもともと“裸足”で生活していました。考えてみれば、足ほど何重にも包み込まれている部分は全身でほかにありません。

 中でもつまさきは硬い靴や靴下で常に窮屈になっています。「ゆびのば体操」により足指が伸びてまっすぐに立つことで、痛みを取り去るだけでなく、「握力」「柔軟性」「背筋力」など、体が本来持つさまざまな力を取り戻すことができるそう。

 実際に、あなたの足指はどれくらい歪んでいるのでしょうか? 本書では、一目で歪みの状態がわかる図が掲載されています。自分の歪みを把握したら、いざ「ゆびのば体操」! 1日たった3分でできることや、「足指の間に反対側の手の指を入れ、ふんわりと優しく握る」など、難しくないのもうれしいポイント。詳しい方法は書籍と連動している動画からも確認できます。

「ゆびのば体操」は、誰でも簡単にできる足のセルフケアとして、福岡県を中心に全国500以上の保育園や小学校、病院、介護施設で実施されています。NHK「おはよう日本」「あさイチ」、TBS「ジョブチューン」などのテレビ番組をはじめ、ラジオ、新聞などでも多数取り上げられるなど、新しい健康法として話題を集めています。

「人間の体は本来、まっすぐ立てるようにできているのです。足腰が痛いなら、もとの状態に戻してあげればよいだけ。毎日の『ゆびのば体操』で理想の状態を保ち、1人でも多くの方が、一生元気に歩けることを望んでやみません」と今井さん。さあ、今日からあなたもレッツ「ゆびのば」!

文=野呂圭