大物暗殺案件とビッチな元妻、60キロ超の闘犬… 新たなる“シャーロック・ホームズ”の誕生と活躍を描く、注目のハヤカワ文庫!

文芸・カルチャー

2018/10/20

『IQ』(ジョー・イデ:著、熊谷千寿:訳/早川書房)  舞台はLAの危険地域、主人公のIQは高校中退の黒人探偵、相棒は地元ギャングチームの一員。絡んでくるのは、ギャングスタラップの大物暗殺案件とビッチな元妻、そして60キロを超える凶暴な闘犬。と来れば、スヌープ・ドッグやドクター・ドレのプロモビデオ的な世界観が脳裏に浮... 続きを読む