腸活でマイナス3~5kg!? “腸のスペシャリスト”が提唱する「腸活ダイエット」がすごい

健康・美容

2018/11/11

『2週間でヤセる法則 「腸活」+「便活」で最強ダイエット!』(小林弘幸/ワニブックス)

 ダイエットを始めてから、便秘に悩まされている。かれこれ1週間以上、お通じがない。インターネットを開くと無意識に、「便秘 解消」と検索してしまう自分がいる。ヨーグルト、食物繊維、マッサージ……。なにを試してもダメだ。しかし、「もうダイエットをやめるしかないんじゃないか?」と諦めかけたとき、一冊の本と出合った。『2週間でヤセる法則 「腸活」+「便活」で最強ダイエット!』(小林弘幸/ワニブックス)。

 著者は順天堂大学に日本初の便秘外来を開設し、これまでに1万人以上の便秘患者を診察してきた“腸のスペシャリスト”。著者によれば、「腸の活動を改善させることによって、自然に3~5kgほど減量できるケースも珍しくない」という。……3~5kg! 便秘を解消できてダイエットもできるのなら、やらない手はない。著者が提唱する「朝だけ腸活ダイエット」をご紹介しよう。

【STEP 1】コップ1杯の水を飲む
 目覚めたら、まずはコップ1杯の水を飲む。腸は睡眠中に消化・吸収を終えるため、朝に水を飲むことがきっかけとなって腸が目覚めるというわけだ。ポイントは、一気に飲むこと。勢いよく飲んだほうが、腸への刺激が起こりやすくなる。一気飲みできるのであれば、温かくても冷たくてもOK。ただし、体を冷やしたくない人は、常温の水や白湯にするといいそうだ。

【STEP 2】アマニ油を大さじ1杯飲む
「油」と聞くとダイエットにはNGだと思いがちだが、油は人体にとって非常に重要なもの。実は細胞膜、脳や神経、ホルモンなどを作る材料になっているという。便秘解消にも適度な油分の摂取は不可欠。オイルが大腸に届くと、それが便を軟らかくする上、腸内で潤滑油となってスルッと出やすい状態にしてくれる。アマニ油には小腸を刺激して排便を促すという働きがあるため、便秘解消に効果絶大だそう。飲むタイミングは、朝食前。空腹時に摂ったほうがより効果的に腸まで届いてくれる。オリーブ油でも代用可(その場合は大さじ2杯)。

【STEP 3】腸に効く朝食を食べる
 朝食には、時計遺伝子をリセットするだけではなく、自律神経のスイッチを押すという役割もある。食事を摂ることで、副交感神経優位な状態である「お休みモード」から、朝の「活動モード」へと切り替えることが大切。自律神経の切り替えが的確になると、腸の蠕動運動が活発になり、自然に排便が促される。

 著者がオススメするのは、「大根おろし+ヨーグルト+ハチミツ」。分量の目安は、ヨーグルト200g、大根おろし大さじ2、ハチミツ大さじ2。この組み合わせが腸内細菌にとって非常にいいそう。

 以上の3ステップで体の内側からアプローチにした後には、外側からの刺激で腸を活性化するエクササイズ。本書では3分程度でできる「腸活ストレッチ」をイラスト付きで紹介している。中でも「お尻スライド」は必見! 便座に座った状態で体をシーソーのように前後に動かすのだが、「あと少しで出そう」というときにこの動きが効果テキメンだ。ぜひ本書を手に取って試してほしい。

「朝だけ腸活ダイエット」を実際に試してみたところ、1日で嘘のようにお通じがきた。ダイエット効果はまだ分からないが、お腹まわりが少しスッキリして、気分もブチ上げ。“もっと出したい”欲求が高まり、これから毎日エクササイズに取り組むつもりだ。ただのダイエットよりも、腸活ダイエット。自信をもってオススメしたい。

文=尾崎ムギ子