「誰も結末にたどり着けない」謎の本をめぐる、究極の冒険譚! 森見登美彦『熱帯』

文芸・カルチャー

2018/11/9

『熱帯』(森見登美彦/文藝春秋)  まず、世界の真理レベルの話として、森見小説はおもしろい。  次に「誰も結末にたどり着けない謎だらけの奇書」という設定に心惹かれぬ本読みはいない(はずだ)。  ゆえに、森見登美彦氏が「誰も結末にたどり着けない謎だらけの奇書」をめぐる冒険を描いた物語に食指が動かぬ読書人などありえない。... 続きを読む