不気味な死にざまで全滅! 実際に起きた奇っ怪な遭難事件の真相は!?

エンタメ

2018/12/1

『死に山 世界一不気味な遭難事故《ディアトロフ峠事件》の真相』(ドニー・アイカー:著、安原和見:訳/河出書房新社)  1959年、旧ソ連のウラル山脈で奇妙な遭難事件が起きた。若い男女9名からなる登山チームが氷点下30度の深夜、全員テントを飛び出し、1キロ半以上も離れた場所で凄惨な遺体となって発見されたのだ。遺体はすべ... 続きを読む