不気味な死にざまで全滅! 実際に起きた奇っ怪な遭難事件の真相は!?

レビュー

1959年、旧ソ連のウラル山脈で奇妙な遭難事件が起きた。若い男女9名からなる登山チームが氷点下30度の深夜、全員テントを飛び出し、1キロ半以上も離れた場所で凄惨な遺体となって発見されたのだ。遺体はすべてろく…

本文を読む