『金スマ』に著者出演!「ひざ裏のばし」で長年の腰痛がウソみたいに解消、医師自らのどん底経験から生まれた奇跡のヨガメソッド

健康・美容

2018/12/14

 シリーズ累計発行部数47万部突破! 山口県・宇部のクリニックのヨガ教室発・奇跡のメソッドが、話題となっている。『名医のTHE太鼓判』(TBS)、『ひるまえホット』(NHK)など、数々のテレビ番組で紹介され、大反響。何がそんなにすごいのだろうか……?

ただ「ひざ裏」を伸ばすだけ

 何がすごいかというと、まずはそのカンタンさにある。1回5秒、ひざの裏を伸ばす。最低限の基本動作はそれだけなのだ。「えっこれだけ?」と拍子抜けするほど。子どもでも、お年寄りでも、誰でも無理なく行える。しかもたった5秒。

 考案者の医師・川村明氏(かわむらクリニック 院長)は言う。
「ひざ裏というのは、体をまっすぐに立てる筋肉の力“伸展力”の起点。若いころは体をまっすぐにして立つことを意識しないでできていますが、年齢を重ねるごとに背中が丸くなりがちです。これは、体をのばす筋肉が衰え、起点であるひざが曲がると、太ももの筋肉が縮み、骨盤が倒れ、姿勢が悪くなってしまうからです。この腰の曲がった“魔女のおばあちゃんのような姿勢”こそが心身のあらゆる不調の原因なのです」

自らのどん底経験が奇跡のメソッドを生んだ!

 川村氏は、自身も長年腰の病気に悩まされ続けてきた。消化器外科医として大学病院に勤務していた頃は長い手術だと10時間以上。ほとんど家にも帰れず、過労とストレスでで、うつにもなり、人生のどん底も経験した。そんな氏を救ったのがヨガだった。ヨガを学ぶうちに、自分の心身が劇的に変化していくことを実感した。

 元々カチコチだった体は、べたっと開脚できるようになり、気持ちもどんどん前向きになっていった。「これを患者さんたちにも広め、元気になってもらいたい」そんな思いで、クリニックで自ら講師となりヨガ教室を開くようになった。

教室に通うおばあちゃんたちの奇跡の「大・復活ストーリー」

 そんな川村クリニックのヨガ教室に通うおばあちゃんたちが、みるみる姿勢が良くなり元気に! 次々と奇跡のような効果が現れた。

・青信号のうちに横断歩道が渡りきれず、外出が恐怖になっていた80代のAさんは、スタスタ歩けるようになり性格も見違えるほど明るくなった。
・股関節の痛みで床に座ることすら難しかった80代のHさんは、なんとブリッジができるようにまで大復活。

 また、効果は高齢の方のみならず、世代を超えて広がった。

・ひざと腰の痛みで趣味のランニングを諦めかけていたTさん(30代・男性)は再び長距離走を走れるようになった
・始めてから姿勢が良くなったと言われるようになったHさん、血流が良くなって肌の調子も上々(40代・女性)

今すぐ家やオフィスの壁で実感してください!

 周りを見渡してみていただきたい。壁はありますか? そこに手をついて、下のようなポーズをとり5秒。両手を伸ばして壁を押し、気持ちよ~くひざの裏を伸ばしてください。目線はまっすぐで、かかとは床を踏みしめます。これが基本の「壁ドンストレッチ」。忙しい主婦やビジネスマンでも、これなら隙間時間にささっとでき、毎日続けることができる。

壁ドンストレッチ

 これ以外にも「壁ピタドローイング」「ワン・ツー・スリー体操」と3つの体操を毎日やるとさらに効果は高い。どれもカンタンで、全部行っても3分もあれば終えられる。

 川村氏は言う。「腰痛、ストレス、体の衰えなど、心身に不調を感じている方は、騙されたと思ってこの3つのポーズを毎日続けてみてください。3つが難しければ1つだけ、1回5秒でもいいんです。必ず体が変わります。そして、あなたの人生も、きっといい方に変わっていきます」

壁ピタドローイング
ワン・ツー・スリー体操