細木数子の六星占術カレンダーと手帳で2019年の毎日の運気が一目で分かる!

暮らし

2018/12/23

 師走の慌ただしさの中、手帳やカレンダーを新調しようと考えている方も多いことだろう。振り返れば今年も実にさまざまな出来事が起こった。凶悪犯罪や事故、そして何といっても災害が目立った。そして来る2019年。平成の時代が終わり、私たちは新たな年号を生きることになる。これからどんな運命が待っているのだろうか。

「平成最後の年末年始」と言われるように、今私たちは時代の境目を生きているようだ。襲い掛かる災いを避け、幸運は逃したくない。そんな皆様に向けて本稿では、細木数子さんの六星占術による2019年の開運暦が詰め込まれたカレンダーと手帳をご紹介したい。

■家族で使いこなしたいカレンダー

六星占術 2019年 開運暦(カレンダー)

 まずカレンダーは、ぜひ自宅の壁に掛けておきたいアイテム。星人ごとに毎日の運気が色分け表示されているため、家族の場合でも各人のその日の運気がひと目で分かる仕様だ。

 初めての人でもよく分かるように、六星占術の見方の解説や、月の全体運と運気を呼び込むためのワンポイントアドバイスがなされている。さらには、過去・現在・未来の運気を読む占命盤も付いているため、実用性が高い。

■初心者でも安心。毎日鞄に入れておきたい手帳

六星占術 2019年 開運暦(手帳)

 次にこちらも、毎日の生活の必須アイテムである手帳。こちらの手帳には、各星人の基本性格と2019年の恋愛・仕事・健康における運勢、各星人の方角による運気の見方、星人ごとの地運(干支)にみる相性が記されている。

 こちらの手帳も、六星占術の読み方から解説されているため、初心者にもやさしい仕様だ。各星人の早見占命盤も付属しているので、仕事の合間にふと運勢が気になったときにも役立ちそう。また、分冊としてアドレス帳が付いているなど、手帳としての使い勝手ももちろん心配ない。

 六星占術に興味はあるが全然分からない、という人でも使いこなしやすいカレンダーと手帳。どちらも新年を迎えるにあたり必然的に買い替えなければならないアイテムなので、運勢を一目で判断できるとなれば、まさに一石二鳥とも言えそうだ。

 スケジュール管理と運勢チェックを同時に行えるカレンダーと手帳。活用してみてはいかがだろうか。

文=K(稲)

・カレンダー
A3判・16枚綴り
本体2037円+税

・手帳
166×83mm
144ページ
本体2315円+税