宝くじで1億円が当たったサラリーマンのその後は……

暮らし

2018/12/30

『マンガ 宝くじで1億円当たった人の末路』(鈴木信行:著、星井博文:シナリオ、松枝尚嗣ほか:作画/日経BP社)  年末といえば「宝くじ」だ。今年も一攫千金を夢見て年末ジャンボを購入し、大みそかの発表を心待ちにしているという人も多いだろう。今年は、1等が7億円、前後賞が1億5000万円。前後賞だけでも当たれば、ガラリと... 続きを読む