東川篤哉・爆笑必至の烏賊川市シリーズ、正体は本格過ぎるミステリー

小説・エッセイ

2012/4/20

東川篤哉という作家、おそらくは「気付き」の天才。誰もがその存在を認めながら、結果ずっと空き家だった分野に気づき、あっという間に他の追随を許さない第一人者にまで成り上がった。その分野、言うなれば「脱力系お笑い本格ミステリー」(^^;)。その中でも特に脱力感が顕著な「烏賊川市シリーズ」の第四弾がこの「交換殺人には向かない... 続きを読む