ホクロやシミは体からのSOSサイン!家庭でできるチェック法がここに

健康・美容

2019/1/10

『ホクロとシミでわかる内臓不調』(渡邉 由/産業編集センター)

 突然だが、みなさんは自分の体のどこにホクロやシミがあるのかを知っているだろうか。ホクロやシミは、知らない間に腕や脚、顔などに現れることが多い。しかし、気づいても一瞬「こんなところにあったかな?」と疑問に思うだけで、深くは気にしないという方が大半だろう。しかし、そんなホクロやシミは体からのSOSサインかもしれない。

 そう訴えかけているのが『ホクロとシミでわかる内臓不調』(渡邉 由/産業編集センター)だ。本書にはパーツ別に、ホクロやシミが現れる原因が詳しく記されている。

 東洋医学では、ホクロやシミは血液の汚れや血流の滞りによる「瘀血(おけつ)」が原因で現れるのだと考えられている。そのため、自分の体のどこにホクロやシミがあるかが分かれば、よいコンディションを保ちやすくなる可能性があるのだ。では早速、ホクロやシミが知らせる“内臓のトラブルサイン”をチェックしていこう。

■“腎のサイン”は顔や脚に現れる!

「最近、生理痛がひどくなった」「生理不順で悩んでいる」――こんな思いをしている方は鏡を見て、顔にホクロやシミが現れていないかをチェックしてみよう。

 実は、生理痛や生理不順、足のむくみ、冷えといった女性が悩みがちな不調は“腎からのサイン”である場合が多い。腎からのサインは目の周りや耳、鼻の下に現れるのが特徴。

 目の周りが黒ずみ、ホクロやシミも目立つときは、生命力が落ちているのかもしれない。

 そして、腎からのサインは脚にも現れる。

 脚をチェックするときは、足裏の真ん中より少し上にあるくぼみを基準に。そこから脚の内側を通り、膝の内側へと登っていくライン上にホクロやシミがないか調べてみよう。

 また、顎に吹き出ものがみられるときは生殖器系が弱っているサイン。吹き出ものは美容トラブルや寝不足が原因だと思われやすいが、時には内臓疾患の初期兆候である場合も…。いつもとは違う場所に吹き出ものが現れたときにこそ、本書を参考にしてみてほしい。

■心の不調もホクロやシミで分かる!?

 ホクロやシミは各臓器がSOSを訴えているときだけでなく、心が限界なときにも現れる。動悸不眠、精神不安定といった症状に心当たりがある方は、顔や腕に“心からのサイン”が現れていないか確認してみよう。

 顔に“心からのサイン”が現れるときは、鼻先や目と目の間と鼻先が交差する場所をチェック。

 鼻先が赤い、毛細血管が浮き出ている、毛穴が気になる場合はホクロやシミがなくても、循環器系に負担がかかっているサインである。

 対して、腕を調べるときはまず「前ならえ」の姿勢を。その状態で、小指の内側から一直線上にホクロやシミがあるなら、心のケアが必要となる。

 東洋医学で、心は血液を循環させたり精神を安定させたりする働きを持っていると捉えられている。そして、状態は舌にも現れ、血液循環が上手くいっていないと舌先が赤くただれることもある。そのため、心身の健康を保っていくにはホクロやシミと併せ、各パーツに異変が見られないかも確認していこう。

 なお、本書には弱っているパーツをフォローできる「内臓別おすすめレシピ」も収録。パーツ別に効くOK食材と避けるべきNG食材も学べるので、おいしく健康を維持していけるのだ。

 私たちは忙しいとつい、自分の体をないがしろにしてしまう。だが、忙しいときこそ、ホクロやシミなどの体の変化に着目し、自分の異変に気づく時間を持つことが大切だ。自分の心身の悲鳴にいち早く気づいてあげられるのは、自分自身だけ。そう肝に銘じながら、本書を活かしてみてほしい。

文=古川諭香