なめられないイイ女顔へ! ヘアメイクアップアーティストJunJunのボス顔ハウツー

健康・美容

2019/1/11

『ボスメイク JunJunメイクで顔もココロもなめられない女になる』(JunJun/小学館)

 メイクは薄い方がいいという風潮にあえて逆行し、濃いメイクで女性の魅力を引き出すヘアメイクアップアーティストのJunJunさん。弱肉強食の世を生きる女子におくる、渾身のメイク本『ボスメイク JunJunメイクで顔もココロもなめられない女になる』(JunJun/小学館)では、ナチュラルメイク派のあなたにもぜひ読んで欲しいJunJunさん流メイク論が語られている。

ボスメイクをしたモデルたち。上から時計回りに山本舞香、瑛茉ジャスミン、楓(E-girls)。

 JunJunさんが提案する「ボスメイク」は、セレブやL.A.ガールのような、かっこいいけど美しく、意志のある顔立ちにインスパイアを受けたメイク。メイクで自分の個性と意志を伝えているから、彼女たちは魅力的なのだという。

「女の子は、いろんなものを背負って生きている。それが美しくて愛おしい。もっと見せて。『控えめ』なんてもったいないよ」「女性はみんな、美しい存在。メイクはそれを引き出すチケットです」とJunJunさん。

ボスメイクの鍵はコントゥアリング

 コントゥアリングメイクとは、ハイライトとシェーディングで陰影をつけ、顔に立体感を生み出すメイク方法。

和顔に施した濃いめのコントゥア。陰影の付け方は顔立ちによって使い分ける。モデルはビューティー系ユーチューバーのかわにしみきさん。

「一見、純ジャパ女子には難しいように感じますが、これをボク流にアレンジしたのが“ボスメイク”」。日本人顔でも、童顔でも、男顔でも、誰もがボスメイクで大人の強さと色気をガツンと効かせた、意志のある顔立ちに変身できるのだとか!

かわにしみきさんのボスメイクが完成! 和顔に陰影を施すとこの上なく上品に。

本書では使用コスメや手順を細かく解説。濃いメイクに挑戦したことがない人でも分かりやすく、取り組みやすい。ほかにも顔立ちのタイプ別、イメージ&印象度別に詳しいプロセスを掲載している。

モデルも、女芸人も、男でも! 誰もがボスメイクで“なめられない自分”に!

 本書を読んで、「自分も変われるかも!」と思えるのが、芸人の大変身企画。尼神インター・誠子さんや、なんと男性(!)のガリットチュウ・福島善成さんもリッチでセクシー、意志のあるセレブ顔に。

尼神インター 誠子さん
「メイクで色気って出せるんやって思えた!変われるメイクって楽しい!」

Before

写真左

After

丸顔でも、輪郭が引き締まった艶のあるいい女に変身!

ガリットチュウ 福島善成
「メイクの最初のタッチでわかりました。『あ、この人スゴい』っていうそういう手をしてますね」

Before

写真右

After

決して細くない輪郭の男顔もエキゾチックな美人顔に! ボスメイク恐るべし。

 メイクでここまで激変をすると、生まれ変わったような気持ちになれそう! 本書は、美しくなるためのメイク方法に加えて、強く生きるパワーをもらえるメイク本だ。

文=箕浦 梢