「痛いのはイヤ!」ステータスを防御力に極振りな天然娘のほのぼのVRMMO冒険記

文芸・カルチャー

2019/1/27

『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』(夕蜜柑/KADOKAWA)

 MMORPG(Massively Multiplayer Online Role Playing Game)は、「大規模多人数参加型オンラインRPG」と訳されるオンラインゲームの人気ジャンルだ。プレイヤーはオンライン上の仮想世界でモンスターを倒して経験値を稼いだり、クエストを攻略してお金やアイテムを集めたりする。そして、自分のキャラクターを、剣士、魔法使い、職人などに成長させて楽しむ。そんなプレイヤーのなかには、独特な育成スタイルを選ぶ者もいる。

『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』(夕蜜柑/KADOKAWA)は、超個性派なキャクター育成をするヒロインたちが繰り広げるVRMMO冒険記だ。

 主人公の少女・楓(メイプル)は天真爛漫な女の子。友人に誘われてMMORPG『NewWorld Online』を始めたばかりの初心者である彼女は、キャラメイク時に「痛いのは嫌だから」という理由でポイントを防御力に極振りし、防御力は高いが動きにくい大盾を初期装備に選んでしまう。

「極振り」とは、キャラクターの能力値(ステータス)を上げるポイントをバランスよく振り分けるのではなく、特定の能力値だけを集中して上げて一芸に特化する育成スタイルのことだ。

 敵からの攻撃を耐えられたところで倒せるわけではない。本来なら役立たずの置き物になってしまうメイプルだったが、初めの森でウサギちゃん(モンスター)と遊んで(攻撃を受けて)いると、幸運にも「絶対防御」という誰も発見していない隠しスキルをゲット!

 さらに猛毒を持つボスモンスターを“食べる”というチートな方法で倒し、天然ぶりを発揮しては次々とレアなスキルや装備品を獲得していく。

 いつしかメイプルは、あり得ないほど高い防御力で敵からの攻撃を無効化し、大盾に触れた武器や魔法を吸収してMPに換え、溜め込んだMPを消費して広範囲に麻痺や猛毒をばら撒くというトンデモ最強キャラに!

 その極悪無比なまでの強さは、たちまち他のプレイヤーたちの注目の的となり、想定外の事態にゲームの運営スタッフも頭を抱えてしまうほど。

 しかし、警戒する周囲をよそにメイプル本人は無邪気にゲームプレイを満喫しているだけ。モンスターがひしめくフィールドで脳天気にお絵かきや砂遊びに興じる余裕っぷりだ。

 もちろん、デメリットも大きい。足は遅いし、何かと不器用で燃費も悪い。ボス戦では倒すまで数時間かかることもザラだ。そんな困難に遭遇したときは、仲間たちと協力して乗り越えていく。他のプレイヤーとの友情や交流もMMORPGの醍醐味だ。

 プレイヤーの誰もが想像もしなかったスタイルで最強になっていくというのがこの物語の魅力だが、なによりも美少女プレイヤーたちが和気藹々と繰り広げる賑やかで楽しいほのぼのファンタジーライフに癒やされる。

 本作はコミカライズも人気連載中でアニメ化企画も現在進行中。メイプルたちの活躍をテレビで見る前に原作小説やコミックをチェックしてみてはいかがだろうか。

文=愛咲優詩