グーグルとスタンフォードが認めた男、市場規模100兆円の全米の水道管救済に挑む

ビジネス

2019/1/31

『クレイジーで行こう! グーグルとスタンフォードが認めた男、「水道管」に挑む』(加藤崇/日経BP社)  ロボットベンチャーをグーグルに売り、世界の注目を集めた男がいる。彼が現在取り組んでいるのは「水道管」。インフラ保全は老朽化が深刻でありなおかつ急務だ。その市場規模は100兆円である。 『クレイジーで行こう! グーグ... 続きを読む