「今月のプラチナ本」は、日向理恵子(イラスト:山田章博)『火狩りの王 〈一〉春ノ火』

今月のプラチナ本

2019/2/6

今月のプラチナ本

あまたある新刊の中から、ダ・ヴィンチ編集部が厳選に厳選を重ねた一冊をご紹介!
誰が読んでも心にひびくであろう、高クオリティ作を見つけていくこのコーナー。
さあ、ONLY ONEの“輝き”を放つ、今月のプラチナ本は?

『火狩りの王 〈一〉春ノ火』

●あらすじ●

舞台は人類最終戦争後の世界。人間は、自然の火が近くで発生すると自らも内側から発火してしまうという〈人体発火病原体〉に侵され、火に怯えながら細々と暮らしていた。この世界で人が安全に使用できる火は、黒い森に住む炎魔を倒すことによって得られるものだけである。そんな中、火を手に入れることを生業とする〈火狩り〉たちの中で密かにささやかれる噂があった……。

ひなた・りえこ●児童文学作家、日本児童文学者協会会員。主な作品に「雨ふる本屋」シリーズ(童心社)、『日曜日の王国』(PHP研究所)などがある。本シリーズ第二作「影ノ火」は2019年春に、第三作「星ノ火」は同年秋に刊行予定。
やまだ・あきひろ●マンガ家、イラストレーター。京都精華大学マンガ学部客員教授。主なマンガに『ロードス島戦記~ファリスの聖女~』(水野良:原作、KADOKAWA)、主な挿絵に「十二国記」シリーズ(小野不由美:著、新潮社)などがある。 

『火狩りの王 〈一〉春ノ火』書影

日向理恵子:著 山田章博:絵
ほるぷ出版 1600円(税別)
写真=首藤幹夫

編集部寸評

 

暗闇に光るのは炎か鎌か瞳か

闇夜に時おり、光が走る。小さな、しかし強い光。読み終えて、そんなヴィジョンが脳裏に残る。火の使用が大幅に制限された世界で、新たな戦いが起きようとしている。かつて人が生み出した災厄により、いま人々が苦しんでいる。地を這うような暮らしの中、それでも若者たちは自分に出来ることをやり遂げようとする。設定はファンタジー、しかし現在の、現実の社会が二重写しに浮かび上がってくる。この暗く閉ざされた世界に、若者たちの瞳がどんな光を放つのか、見届けたい。

関口靖彦 本誌編集長。ダ・ヴィンチ文学賞『地図男』でデビューした真藤順丈さんが、『宝島』で直木賞受賞!『地図男』、3月に角川文庫より再刊予定です。

 

早く続きが読みたいファンタジー

「ぜひ読んで!」と力いっぱい子どもたちにオススメしたくなるファンタジーがやってきた! 人類最終戦争後の世界、人体発火病原体によって“火”を使うことに制限をうけることになってしまった人々、とある形見を家族に届けるために旅立つ11歳の少女、少女と行動を共にする狩り犬……。設定を少し抜き出しただけでも、ワクワクする。1巻は主人公の少女・灯子の旅立ちがメインに描かれる。もう一人の主人公と思われる少年も登場し、2巻がどう動いていくのか、本当に待ち遠しい。

鎌野静華 平成最後に滑り込んだ問題作、さらば青春の光・森田哲矢著『メンタル童貞ロックンロール』好評発売中! うっかり泣いちゃうかもしれません!

 

「青田狩り」推奨

このタイミングで手にとってしまったことを後悔するほど、名作ファンタジーの予感に満ちている。人類最終戦争を経て「一度死んだ」世界で、人間は謎の人体発火に悩まされており、ために火を忌避する真っ暗な大地が広がる。ゴリゴリの幻想ファンタジーかと思いきや、山下和美さん『ランド』のような人を食ったSF設定も織り交ぜられており、考察する楽しみが幾重にも完備。荒廃した空間を彩る食べ物や生命が放つ匂い、人々がまとう香油など、嗅覚を刺激する描写にも惹きつけられた。

川戸崇央 本誌連載小説『ぴぷる』の単行本化が決定! 連載版に大幅な加筆修正を加え2月28日刊行。人気声優の梶裕貴さん、八代拓さんらが出演するイベントも。

 

プロローグ&挿絵に息をのむ

カバーイラスト&本文に挟まれている山田章博さんの挿絵が圧倒的。繊細で幻想的で躍動感があって、描かれた墨色には闇がある。また、本書の〈序章〉には、思わず息をのんだ。これから絶対に読んだことがない物語が始まる、興奮高まるそんな予感の2ページ。歳を重ねるにつれ、好んでファンタジーを読むタイプではなくなっていったが、ページめくる手はとまらず、特にこの本は青春期に出合えていたら、と心底思った。もう少し大きくなったら、大好きな姪にも薦めたいです。

村井有紀子 今月号の中村倫也さん連載『やんごとなき雑談』(P153)が素敵で、原稿を拝読しながらグッときてしまいました。ぜひご覧くださいませ!

 

和風ファンタジーの新たなる金字塔!

〈金色の弧が、ねばりつく闇を切り裂いた。一瞬に千もの火花が光の矢をえがき、森の夜気をあざやかに焦がし、消えた。静まる。〉序章の冒頭からオーラ抜群。期待感に突き動かされ、そのままイッキ読みである。世界最終戦争後という設定、狩り犬を連れ炎魔と戦う火狩り、森の番人・木々人……。東西の傑作ファンタジー/SFの旨みを持ち合わせながら、独創性抜群の和風冒険活劇に仕上がっている。1巻は物語世界の更なる飛躍を感じさせるシーンで次巻へと続く。これは待ちきれぬ!

高岡遼 先日、べろべろに泥酔した高校時代の友人たちと「たほいや」で朝を迎えました。何を隠そう、拙宅には「たほいや」専用広辞苑(カバー付き)があるのです。

 

世界は残酷。でもだいじょうぶ

児童書ながら甘さ皆無。誰ひとり悪くないのにおそろしいことが次々起きて、人がたくさん死んでいく。でもこの物語の人びとは皆たくましく、つべこべいわず災厄を迎え討ち、生きるため走る。救える者の手を取って。本を閉じれば平和な日本だけど、誰ひとり悪くなくても悲しいことが起きる世界なことに変わりなし。そういえば子どもの頃、人生の残酷さに抗う力を教えてくれたのはこんな本であった。大人にも子どもにも激しくおすすめ。自分に力がないと思っている人には、特に。

西條弓子 バレンタインの季節到来。あらゆる催事場におもむき、さも悩んでいる風に試食しまくれるこの季節だけは「女に生まれてよかった!!」と思います。

 

序章の一見開きから心奪われる

これを読みたかったんだ! そう思わせる骨太で上質なハイファンタジー。なにより興奮したのは、この世界の人間が使える火は魔物から狩って採れたものだけで、それ以外の火が燃えれば、人間は発火して死に至る点だ。火は文明の象徴のはずだが、それを使えないこの世界の理とは…⁉ 読み手の疑念が膨らむとともに物語が展開し、この世界の謎に触れていく。作品考察できる極上のファンタジー小説発売時に出会えた嬉しさと、新刊が待ち遠しい気持ちのジレンマでどうにかなりそうです。

有田奈央 『火狩りの王』に『十二国記』! 今年は和製ファンタジーの隆盛に期待。大人になっても主人公たちと冒険できるのは、最高の読書体験だなあ。

 

世界観にどっぷり浸るって、きもちいい!

理不尽な出来事とたたかう少年少女のたくましさもさることながら、物語の緻密な世界観や五感に訴えかける描写がたまらない! とろとろとなめらかな黄金の火、死者の記憶が還る海、あざやかに発光する魚たち……。どんどん想像がふくらんで、居ても立ってもいられなくなってしまうこの感覚、いつぶりだろう。いつの間にか眠っていたファンタジーのツボをこれでもかと刺激された。この物語がたくさんの子どもたちに、そして年齢性別問わずすべての本好きのもとに届きますように!

井口和香 校了直前にインフルエンザでダウン……。いろいろな方にご迷惑をお掛けしたので、これを機に体力づくりのために運動を始めます! 踊ります!

 

読者の声

連載に関しての御意見、書評を投稿いただけます。

投稿される場合は、弊社のプライバシーポリシーをご確認いただき、
同意のうえ、お問い合わせフォームにてお送りください。
プライバシーポリシーの確認

btn_vote_off.gif