これぞ理想の姉妹! ふたりの思いやりと優しさにあふれたハートフルストーリー

かずといずみ

2012/4/13

貧乏姉妹物語 (1)

ハード : PC/iPhone/iPad/Android 発売元 : 小学館
ジャンル:コミック 購入元:eBookJapan
著者名:かずといずみ 価格:432円

※最新の価格はストアでご確認ください。

このマンガ、まさに私が思い描いた理想の姉妹像です! 思いやり助け合いながら、毎日を一生懸命生きる姉妹に胸を打たれました。

さてこの物語の舞台は、東京下町。“きょう”(姉)と“あす”(妹)は築40年家賃2万6千円(フロなし1k)のアパートに住んでいます。ふたりの母はあすが生まれた日に他界。父は借金をつくり蒸発。貧乏だけど「あすがいるから頑張れる」「お姉ちゃんがいるから大丈夫」と互いに支え合い、明るく、逞しく暮らしている姿に心が温まるハートフルストーリーです!

そして、この作品の見どころはズバリ姉妹愛。
普段は周りが羨むほど仲の良いふたりも時々はケンカをします。花火大会のエピソードで、きょうはこつこつ貯めていた貯金を崩して、あすのために浴衣を買ってあげます。けれど、あすはおねえちゃんに露店を楽しんでもらいたかった。この後、結局ふたりは別行動を取るのですが…。

どちらの気持ちもよくわかります。きょうとしては姉の自分だけが浴衣を着ているのは居たたまれないですし、自然とあすにも着せてあげたいと思いますよね。
でも、いつも自分のために、身を粉にして働いてくれている姉に思う存分楽しんでもらいたいというあすの気持ちもわかります。こんな些細なすれ違いを繰り返しながら、ふたりはさらにお互いの絆を深めて行きますが、後のストーリーではこのふたりの強い絆が裂かれるような展開も…! その時2人はどういった選択をするのか注目です。

このマンガを読んで、私も実家にいる妹が恋しくなりました。会ったらうんと優しくしたいです。気色悪がられそうだけどめげずに頑張ろうと思います(笑)。それから、きょうとあすの人を思いやる気持ち、優しい心に触れると自分まで満たされたような幸せな気持ちになります。自分自身が優しい気持ちになれれば、おのずと周囲の人にも優しくなれるものです。物語の根底には姉妹の過酷な運命がありますが、それにも負けない、ふたりの明るさに元気をもらえる1冊です。


この物語の主人公、姉の“きょう”と妹の“あす”

”きょう”は生計を立てるため、毎朝2:30起きの新聞配達をしています

“あす”は真面目でしっかり者。姉を支える健気な妹です

絵に描いたような姉妹愛。素晴しいッッ!

各所に盛り込まれている美麗なイラストも魅力的! (C)かずといずみ/小学館