第146回芥川賞受賞作品は「音楽」のような不思議な物語

小説・エッセイ

2012/4/13

いろいろなメディアを通じ、諸々の話題を振りまいた2011年下半期・第146回芥川賞。 この回の芥川賞は2作品受賞で、一方が田中慎弥の『共喰い』。内容についてここでは深く触れないが、作者の特異なキャラクターが話題になったのは記憶に新しい。そして、もう一つの受賞作がこの『道化師の蝶』で、作者は円城塔。おそらく作品内容に対... 続きを読む