男ふたりで観覧車に乗っているワケを見破れるか!? 斬新な形の密室ミステリー

2分で読める
レビュー

新年早々、一風変わったミステリー小説が発売された。青崎有吾氏の『早朝始発の殺風景』(集英社)だ。おおざっぱに説明すれば、本作はいわゆる“日常の謎”を解き明かす高校生たちの青春ミステリーなのだが、そのシ…

本文を読む