母を失った“その後”――『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』

アニメ・マンガ

2019/2/17

『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』(宮川サトシ/新潮社)  身近な人を“死”という形で失ったとき、いつか来るものだと割り切ろうとするか、ずっと自分の中にとどめておこうとするか、その向き合い方は人それぞれ。とくに、自分が生まれたときに最初に出会った人・母親との別れは、特別な意味を持っているはず。  2月2... 続きを読む