「夫はいらない。でも子供が欲しい」――ドバイの赤ん坊市場を訪ねる日本人女性…原発事故後のありえたかもしれない世界

文芸・カルチャー

2019/3/1

『バラカ』(桐野夏生/集英社)  もし東日本大震災による原発事故がもっと大規模な被害をもたらしていたら……。 『バラカ』(桐野夏生/集英社)はそんな「あったかもしれない」世界で生き抜くことを余儀なくされた少女の、数奇な運命を描いた物語だ。  日本の地方都市に移民してきた日系ブラジル人の若い夫婦パウロとロサに、初めての... 続きを読む