ミリオタのラノベではない。戦争文学であるっ!

ライトノベル

2012/4/17

スイカやココアには、甘みを増すためにあえて塩を加えるものです。 といっても、塩そのものが甘いわけではなくて(当たり前ですが)、塩みと甘みに落差をつけることで、相対的に甘みが増したように感じるわけですね。本作は『とある飛空士…』シリーズにおける、その塩、あるいは、唐辛子のような作品であります。 スピンオフなぞと舐めてか... 続きを読む