「もらい泣きした」『サザエさん』波平がサザエの卒業写真を隠した理由に感動の声!

マンガ・アニメ

2019/3/17

『サザエさん』(長谷川町子/朝日新聞社)

 3月10日放送のアニメ『サザエさん』で、波平の意外な一面がわかり、感動の声が上がっている。

 話題になったエピソードは、作品No.7912「秘密の卒業写真」。ときは卒業シーズン、磯野家ではサザエの高校卒業写真の話題に。アルバムを開き、みんなで眺めて談笑していたが、カツオは写真が1枚剥がされた跡を発見する。「誰かさんが見られたくない写真を隠したのかも」と考えるカツオだが、サザエ本人もフネもどんな写真だったか覚えがないようで、波平も「さぁ、わしは覚えとらん」と首をかしげた。

 その後、消えた写真に何が写っているのかどうしても気になって仕方ないカツオは、捜索を始める。「姉さんの恥ずかしい姿が写ってるんじゃないかと思って」とイタズラ心を震わせるカツオを見ると、サザエは心配になってきて「カツオより先に見つけなきゃ」と負けじと捜索。

 しかし、当時居候していたノリスケに電話で心当たりはないか尋ねたり、家中を探したりしても一向に写真は見つからない。

 そんな中、カツオが手掛かりを見つけようと改めてアルバムを眺めていたところ、ふとタラちゃんが「(アルバム写真の中に)おじいちゃん、いないですねぇ」とつぶやいた。この発言でピンときたカツオは、写真を隠した犯人は波平だと確信する。

 さっそく波平を問い詰めると、波平は目を泳がせながら「わっ、わしは写真を撮るのに夢中で…」としどろもどろに。すかさずカツオが「それなら、どんな写真を撮ったか覚えてるはずだよね」と追及すると、観念した波平は隠しておいた写真を見せ、「(わしが)剥がしておいたんだ」と白状した。

 消えた写真に写っていたものは、晴れ着姿のサザエと、サザエの隣で後ろを向いてしまっている波平。フネはこの写真を、シャッタータイミングを間違えた失敗写真だと説明した。この答えに、カツオは「あれだけ捜してやっと見つけたのに失敗した写真だったのか」とがっかり。しかし、本当の理由は違った…。

 実はこの写真、サザエの晴れ姿に感極まって泣いてしまった波平が、咄嗟に後ろを向いて泣き顔を隠した姿を収めたものだったのだ。きっと、一家の大黒柱が涙を流すなど、波平としては気恥ずかしかったのだろう。当時を思い出したサザエは、「嬉しかったわぁ」と、波平が自分のことを大事に思ってくれている気持ちを改めて噛みしめるのだった。

 波平の愛らしいエピソードに視聴者からは、「あかん、もらい泣きしてしまった(笑)」「家族愛を感じる良いエピソードだな~」「久々にサザエさんがいい話回だったな」「泣いちゃう波平さんかわいいww」との反応が。また、「最後ええ話だったけど、波平はいつから禿げとんねん」など、サザエが高校を卒業する時点で既に薄くなっていた波平の頭髪をイジる視聴者も現れていた。

 怖いイメージもある波平だが、家族愛に満ち溢れているようだ。