「ダイエット=ガマン」は呪縛だった!?パーソナルトレーナーが明かす、正しいダイエット

健康・美容

2019/3/26

『やせない理由はあなたのガマンにありました!』(松永健吾/日本文芸社)

 あなたはこれまでに、どのようなダイエット方法を実践し、どのような結果を得ただろう。近年、さまざまなダイエット方法が話題となり、そしてブームが去ると、また新たなダイエットが注目を集めている。その多くは「○○だけダイエット」「○×制限」などのガマンが必要なものばかりだ。ダイエット=ガマンであると信じ込んでいる人も、少なくはないだろう。

 しかし『やせない理由はあなたのガマンにありました!』(松永健吾/日本文芸社)に登場する「マツケン式ダイエット」では「制限をかければやせる」というのは、単なる思い込みとしている。ではどうすれば、やせるのだろうか。本書の答えはシンプルだ。「制限(ガマン)」ではなく「管理」である。もっというとやせられない1つの根本的な原因が「行動」ではなくその下の「心(メンタル)」にあるというのだ。要するにダイエットに即したメンタルを整えつつ、自己管理をしてダイエットしていきましょう、という意味。

「わかってるんだけどね、それが難しいのよ」という言葉が脳裏をよぎった方もいるだろう。マツケン氏は、それもお見通しだ。

「わかっているんだけどね」は、呪縛(中略)本当にわかっていれば、やせているはず。わかっていないから、やせられない現実があるのです。

 悔しいが、その通りである。

 これまでのダイエットでうまくいかなかった人は、何らかの「だメンタル」に陥っているという。そこで本書では、タイプ別に、だメンタルの種類を特定していくという作業が行える仕組みになっている。だメンタルになりやすい考え方の癖を見極め、それをリセットさせてくれる言葉「リセットワード」を教えてくれるのだ。誘惑に駆られても、タイプ別のリセットワードを唱えれば不思議と誘惑から気持ちをそらすことができる。

 大切にしている言葉がある人は強い。違う方向に進みそうになっても、立て直す原動力となる。リセットワードを知ることで、今後のダイエットの在り方を変えられそう気がするのは私だけではないはずだ。

 また本書には、「やせる食事術」や「やせる神エクササイズ」など、実践的な内容も用意されている。さらに本のあちこちには、ダイエットを気負わずに続けられる言葉がちりばめられている。中でもこれから紹介するフレーズは、ダイエット本の常識を変えるユルさが心地いい。

モチベーションって上げるから下がるんだよね

ずーっと低くていいの低空飛行でも目的地には到達するでしょ?

 私たちはがんばり過ぎているのかもしれない。これからはモチベーションを無理にアゲアゲにせず、フラットに楽しんでいくダイエットがいい。低空飛行で目的地まで行けるなら、それはすてきな選択ではないか。

文=夏野久万