ワケあって“偽装夫婦”になりました――優しい海辺の町で2人が紡ぐ、美味しい紅茶と家族の物語『ニセモノ夫婦の紅茶店』

文芸・カルチャー

2019/3/30

『ニセモノ夫婦の紅茶店~あなたを迎える幸せの一杯~』(神戸遥真/KADOKAWA)  想像してみてください、「お茶でも淹れようか」と思うとき。朝ごはんの前、新しい一日をはじめる目覚ましとして。友達が遊びにきたとき、楽しいおしゃべりのお供として。仕事が煮詰まってしまったとき、心をゆるめる息抜きとして。そんなふうに紅茶は... 続きを読む